丸山晩霞ブランケット「杏花の里」
丸山晩霞ブランケット「杏花の里」
丸山晩霞ブランケット「杏花の里」
丸山晩霞ブランケット「杏花の里」
丸山晩霞ブランケット「杏花の里」
丸山晩霞ブランケット「杏花の里」
丸山晩霞ブランケット「杏花の里」
丸山晩霞ブランケット「杏花の里」
丸山晩霞ブランケット「杏花の里」
丸山晩霞ブランケット「杏花の里」
丸山晩霞ブランケット「杏花の里」
丸山晩霞ブランケット「杏花の里」
拡大画像

丸山晩霞ブランケット「杏花の里」

2,500
(75point)

↑ ↓

長野県東御(とうみ)市出身の水彩画家丸山晩霞。
丸山晩霞は、自らを田園画家と称し、郷里の風景を愛しました。
長野県における杏花の里といえば、千曲(ちくま)市が有名です。
杏の花は3月下旬から4月初旬に開花のときを迎えます。
冬が厳しい長野県では、この時期に一斉に花々が開花し人々は春の訪れを感じます。
きっと晩霞もこの杏花を見て春の訪れを喜んでいたのではないでしょうか。
そんな春の訪れを待ちわびる象徴となる作品を、寒い季節にぴったりのブランケットにしました。


・触り心地がよく、持ち運びにも便利なサイズです
・素材:ポリエステル
・サイズ:約900×650(mm)